ワードプレスに引っ越しました!はてなブログからの移行手順 その2

先日投稿した、「ワードプレスに引っ越しました!はてなブログからの移行手順 その1」の続編です。

ワードプレスに引っ越しました!はてなブログからの移行手順 その1

昨日の午後に「その1」を公開して、すぐに幼稚園のお迎えに行き、帰って来てからチラチラと文章に間違いがないかチェックしていたのですが、誤字が多くて…。

「若い頃は、もっとちゃんと打ててたのになぁー」と、加齢を感じてひとりで落ち込んでは開き直ってを繰り返しています( *´艸`)(笑)

いよいよ、テーマをインストールします!

 

ワードプレスって、エエなぁ♪(*´▽`*)

と初めて思ったのは、SANGOを見た時でした!

カワイイし、メインのブログは自分で撮った写真がメインなので、きっと楽しくなるはずだと思ったのです。

その昔、アメブロカスタマイズにハマっていた時期があり、その頃にお世話になっていた、サルワカさんがされているテーマだということを知り、ほぼ即決!!

このブログのイメージではないかも知れないと思ったのですが、1か月にそんなにたくさんのテーマを買う予算もなく…(笑)

ところが、いざ、作り込んでいくと、やっぱりSANGOが大好きです!( *´艸`)

SANGOの親テーマと子テーマをインストール

せっかくサーバーレンタルをして、WordPressでブログを運営する以上、きっと他のブログも試してみたくなると思うので…。

ここでは、一度購入したら、複数のブログで使っても良いテーマを選ぶことを、強くおすすめします。

1.SANGO(10,800円)を購入し、ダウンロード

「高いし!!」と思われるかも知れませんが、安い方です…( *´艸`)

まだ成果は出ていませんが、これだけ楽しく安定したブログが書けるのであれば、10,800円はめいっぱい楽しむための投資として納得の出費だったと、自信を持って思います。

1.「BOOTH」で会員登録をします。

2.BOOTH内の「SANGO:心地よいWordPressテーマ」のページへ行き、SANGOを購入し、ダウンロードします。

2.SANGO(子テーマ:無料)もダウンロード

本当は、有料のステキな子テーマもあるのですが、無料の子テーマを使うことで経費節減しています。

もし今後、有料にすることがあれば、追記して説明させてください( *´艸`)

1.「SANGOカスタマイズガイド」のページへ行き、「WordPressで子テーマを活用して安全にカスタマイズを行う方法」で「子テーマをダウンロード」ボタンを押してダウンロードします

3.親テーマ・子テーマをインストール

1.WordPressダッシュボードの左側「外観」から「テーマ」を選び、右側の画面で「新規追加」→「テーマのアップロード」→「ファイルの選択」ボタンをクリックしてダウンロードした親テーマ(sango-themeで始まるzipファイル)を選択→「今すぐインストール」をクリックします。

2.「テーマのインストールが完了しました」と出るまで待ち、有効化はせずに、「テーマのページに戻る」をクリックします。

3.再び「新規追加」→「テーマのアップロード」→「ファイルの選択」ボタンをクリックして、次はダウンロードした子テーマ(子テーマ.zip)を選択→「今すぐインストール」をクリックします。

4.「テーマのインストールが完了しました」と出るまで待ち、「有効化」をクリックします。

MEMO

最初、意味がわからずに親テーマに触れてしまったのですが、親テーマには触らずに、キレイなままで残しておいて、子テーマをカスタマイズに使います。

失敗した時に、子テーマをインストールし直して復旧しやすくするためと、親テーマがアップデートされた時、子テーマに残してあるデザインのCSSが反映されることで、乱れないようにしています。

 

テーマをインストールしただけなのに、こんなに可愛いブログになるんです!

ママンのブログ

毎日カスタマイズをするのが本当に楽しくて、朝5時から起きてブログに向かって、朝7時半からお弁当を作って、息子リクエストのれんこんの天ぷら (!)を揚げて、8時30分に幼稚園に向かいます。

今まで見るたび落ち込んでいたサーチコンソールをチェックするのも楽しみで、楽しみで…( *´艸`)(笑)

 

プロフィールの設定・パスワードの変更

さっさと記事作成に進みたい気持ちはめちゃめちゃわかりますが、あのややこしいパスワードを失くしては困るので、早めに変更しておきたいと思います。

画面右上の「こんにちは、〇〇さん」にマウスを近づけます。

プロフィール

「プロフィール編集」をクリックして、あれこれ書いてください。

最後のの方に「アカウント管理」→「新しいパスワード」とあるので、「パスワード生成ボタン」をクリック→新しいパスワードを設定→「プロフィールを更新」を忘れずにクリックしてください。

投稿時のカスタムURLを設定する

WordPressの初期設定の記事URLは、https://URL/2019/04/23/ファイル名/ となっています。

個人の好みの問題ですが、日付はもういらないので(笑)、画面左側の「設定」→「パーマリンク設定」を選択し、「投稿名」を選択→「変更を保存」をクリックしておいてください。

テーマ以外のプラグインをインストール

そしてまだまだやるべきことがあります。先に他のプラグインをインストールしておきましょう。

基本の操作はすべて同じです。

ダッシュボード左側の「プラグイン」→「新規追加」をクリック→「プラグインの検索」のボックスにプラグイン名をコピペして→検索してインストール。「有効化」して設定の必要があるものは設定します。

 

基本操作

「インストール済みプラグイン」ではなく、「プラグインの検索」なので気をつけてください。

SiteGuard WP Plugin

まずはセキュリティのプラグインから…。

エックスサーバーのセキュリティがありますが、この SiteGuard WP Plugin は管理ページとログインに関する攻撃からの防御に特化したセキュリティプラグインです。

Siteguard WP Plugin

画像をクリックすると、Siteguard WP Plugin のページに移ります。

インストールすると、ログイン画面が変わります。毎回ひらがなを入力するようになります。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

スパムコメントからブログを守るプラグインです。

デフォルトでインストールされているので、「有効化」をクリックしたあと、メールアドレスを登録してAPIキーを取得します。

私は1回目の引っ越しでその設定が終わってしまっているので、バズ部さんのAkismetの設定方法を参考にしてください。

AddQuicktag

HTML エディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理できるプラグインです。

インストールはしましたが、実はまだあまり使いこなせていません。

これからどんどん使っていきたいと思います。

Advanced Ads

Googleアドセンスの広告を載せるならばインストールしておいた方が良いプラグインです。

Advanced Ads

画像をクリックすると、Advanced Ads のページに移ります。

 

有効化するとすぐに広告の設定ができるのですが、どこに貼れば良いとかどのサイズが良いとか、私にはまだまだ難しいので…。

NETAONE ワードプレス神推しブログ さんの Advanced Ads – 広告コードを様々な場所に表示できるWordPressプラグインを見て勉強していきたいと思います( *´艸`)

MEMO
後日、SANGOのウィジェットで広告を管理した方が簡単だということに気づき、削除しました。英語が苦手な方には「SANGO:心地よいWordPressテーマ」がおすすめです!!( *´艸`)

BackWPup

WordPressのバックアップをするのに有効なプラグイン。

エックスサーバーでもバックアップしてくれていますが、バックアップはいくつあっても良いと思います。

BackWPup

画像をクリックすると、BackWPup のページに移ります。

 

Classic Editor

一瞬だけ、クラシックエディターで良いのか悩みましたが、はてなブログの編集画面に近い気がします。

なんとなくですが。直感ですが…(笑)

Classic Editor

画像をクリックすると、Classic Editor のページに移ります。

Contact Form 7

有効化した時からお問い合わせフォームができあがっていて、とっても便利なプラグインです。

Contact Form 7

画像をクリックすると、Clontact Form 7 のページに移ります。

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

Googleアナリティクスで各記事ごとのアクセス数を見ることができるようになります。

Google Analytics Dashboard for WP

画像をクリックすると、Google Analytics Dashboard for WP のページに移ります。

プラグインを有効化したら、「設定」→「Googleアナリティクスの設定」画面へと進みます。

赤字の「アクセスコードを取得」をクリックして、ワンタイムアクセスコードを入手してください。

Googleアナリティクスの設定

Googleのログイン画面で出た長いアクセスコードをコピーして、アクセスコード欄にペースト、「アクセスコードを保存」ボタンを押してください。

「選択をロック」ボタンを押して、設定は完了です。

Google XML Sitemaps

Googleサーチコンソールに自動でサイトマップを送ってくれる、とっても便利なプラグインです。

Google XML Sitemaps

画像をクリックすると、Google XML Sitemaps のページに移ります。

Rinker

最後は、私が好きな商品リンクを作ることができるプラグイン、Rinker

おやこそだてのやよいさんが作られています。

これが使いたくてワードプレスにお引っ越ししたと言っても過言ではないのですが、amazonアソシエイトのProduct Advertising API が必要になるので、ここでは説明できません。

がんばって記事数を増やして、amazonアソシエイトの審査に通ることを目標にがんばります!( *´艸`)

次回はデザインとリライトです

お疲れさまでした!「その3」はSANGOを使ったデザインの設定と、はてなブログから持って来た記事のリライトについて書きたいと思います。

 

はてなブログPROからWordPressへお引っ越しを実況中継しています。その3

 

引き続き、よろしくお願いいたします♪( *´艸`)


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA